楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

山陰線走る「石見神楽列車」がリニューアル/JR西日本

19/09/04

JR西日本の山陰線・米子―益田駅間を走る「石見神楽列車」がラッピングデザインをリニューアルし、8月31日から運行を始めた。

石見神楽列車

安来駅どじょうすくい踊り出迎え隊が「石見神楽列車」を迎える

石見神楽列車は2012年から運行している。今年5月に「神々や鬼たちが躍動する神話の世界~石見地域で伝承される神楽~」が日本遺産に認定され、7月からは「山陰デスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」が開催されていることからリニューアルした。

リニューアルした列車は、石見神楽を代表する演目の「大蛇(おろち)」や「塵輪(じんりん)」などを車体前面および側面に配置し、背景は絢爛豪華な衣裳で激しく舞う「石見神楽」の華やかさをイメージ。内装にも演目「恵比須」に登場する事代主命(ことしろぬしのみこと)を配した。キハ126系の2両1編成で、山陰線・米子~益田駅間の快速「アクアライナー」などを中心に運行している。

JR西日本では「石見神楽列車の運行を通じて、石見神楽、石見エリアの魅力を発信してまいります」としている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ