楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本、20年春に常磐線15駅で新たにSuicaの利用可能に

19/10/29

JR 東日本は10月29日、2020 年春に向けてSuica の利用エリア拡大を行う。対象エリアは首都圏エリアの常磐線草野駅から北、仙台エリアの原ノ町駅までの15駅。エリア拡大で利便性を高める。

利用可能駅

新たにSuicaが利用できる駅

常磐線の以下の15 駅で新たにSuica をご利用いただけるようになる。タッチ&ゴーによる乗車のほか、Suica 定期券が利用できる。

15駅

※ 各エリア内完結の利用。首都圏エリアと仙台エリアをまたがっての利用はできない。
※ 夜ノ森、大野、双葉は現在一時休止中。常磐線全線運転再開時に営業を再開する。
※ Suica と相互利用を実施している他の交通系IC カードも利用できる。
※ Suica のご利用可能エリアは(https://www.jreast.co.jp/suica/area/)を参照。

「大都市近郊区間」が広がる

Suica をご利用いただける駅が増えることにあわせて、首都圏エリア及び仙台エリアの「大都市近郊区間」を拡大する。
【拡大となる区間】
<東京近郊区間> 常磐線 いわき~浪江間
<仙台近郊区間> 常磐線 原ノ町~小高間
○ 「大都市近郊区間」内のみを普通乗車券または普通回数乗車券で利用の場合は、実際に乗車する経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車することができる。
○ 「大都市近郊区間」内のみを普通乗車券で利用の場合、乗車区間の営業キロにかかわらず、乗車券の有効期間は利用当日限りとなり、途中下車することはできない。(同区間内の駅を接続駅とする連絡普通乗車券も同様となる)
【参考】旅客営業規則に規定する大都市近郊区間のイメージ図

イメージ

開始時期は、2020 年春

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ