楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

三菱造船、下関で阪九フェリー向けカーフェリー2番船「やまと」を就航

20/01/10

三菱重工グループの三菱造船は1月10日、 阪九フェリー向けに2隻を受注して建造中であるカーフェリー シリーズ2番船の命名・進水式を行った。 船は、 「やまと」と名付けられ、 今後は艤装工事を経て2020年6月に引き渡される予定。 同社が運航する既存カーフェリー4隻のうち「やまと」の代替船として昨年8月に命名・進水した1番船「せっつ」とともに、 新門司~神戸航路に就航する。

三菱重工業 下関造船所 江浦工場(山口県下関市)で行われた式典には、 関係者多数が出席。 阪九フェリーの小笠原 朗社長による命名に続いて、 一般社団法人日本旅客船協会の船旅アンバサダーを務める小林 希さんによる支綱切断が行われた。

式典の様子

船は1番船の「せっつ」と同型で、 長さ約195m、 幅29.6m、 深さ20.6m、 喫水6.7m、 総トン数約1万6,300トン。 旅客定員663人で、 8.5mトラック約277台および乗用車約188台の積載能力があり、 荷役設備として舷側ランプ扉2基、 船尾中央ランプ扉1基を搭載。 船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、 内装は門司港レトロの街並みをイメージした。

「客室最上階である7階には開放感のある広い空間を設けた。船内で一番大きな窓からは星空と瀬戸内海が眺望でき心躍るクルージングを楽しむことができる」と同社。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ