楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR東日本、20年1月で車いす等が使いやすい車両へ置き換え完了

20/01/22

JR東日本は1月22日、これまで山手線において、従来の車両よりフリースペースを増やすなど車いす等を使う人が利用しやすい新型車両E235系への置き換えを進めていたが、1月をもって全車両の置き換えが完了すると発表した。すべての人が安心して利用いただける快適な鉄道を目指して、バリアフリー施設の拡充等に努める。

フリースペースを設置した車両の整備

山手線では 2017 年より新型の E235 系に置き換えを進めており、1 月をもって全車両の置き換えが完了する。E235 系では従来車両(E231 系)よりフリースペースを増やし各車両にフリースペースを設置するとともに、床面を低くしている。車いす等を使う人がより利用しやすくしている。今後は、車両とホームの隙間を縮小すべくホーム先端へのくし状部材の設置を進めていく。

車両とホームの段差・すき間の縮小

車いす等を使う人が利用しやすい環境整備として、ホームドア整備にあわせてホームのかさ上げを行うことで、車両とホームの段差縮小を進めている。また、ホームと車両とのすき間の縮小にも取り組んでおり、山手線、京浜東北線、中央・総武線各駅停車の一部駅のホーム先端(各ホーム 2 か所)にくし状の部材を設置し、可能な限りホームと列車のすき間を縮小している。すでに目黒駅、目白駅、大塚駅、駒込駅には設置しており、今後順次設置を進め、2020 年 7 月までに 32 駅に設置する。2020 年 7 月以降については、利用状況をふまえ、さらなる拡大を進めていく。

「これからもすべての人が利用しやすい快適な鉄道を目指して、環境整備を進める」と同社。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ