楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR西日本、島根県邑南町と「地方版MaaS」構築へ協定 配車システムの実証実験を実施

20/04/07

JR西日本と島根県邑南町は、複数の移動手段を一つのサービスとして捉える「MaaS(Mobility as a Service)」の構築を目指し協定を締結、4月1日からタクシーの配車システムの実証実験を始めた。新しい地方公共交通の提供を実現し、地域の生活や周遊観光の発展につなげる。

協定期間は4月1日から2023年3月31日までの3年間。同社では近年、MaaSへの取り組みを深めており、兵庫県篠山市や和歌山県南紀エリア、広島県尾道市などでも地域の実情に応じた取り組みを進めてきた。邑南町とは19年10月からMaaS構築の検討を開始。今回の協定、実証実験につなげた。

両者の連携では、地域公共交通のデジタル化とキャッシュレス化▽町内の観光素材の連携や情報発信▽病院やスーパーなど生活関連サービス▽都市エリアとのつながり―を求めて、MaaS構築を目指す。

今回の実証実験では、町内を走る三江線の代替交通が4月から、利用者の予約に応じて運行する「デマンド交通」化されることに伴い実施。運行エリアの拡大よる予約管理の複雑化やドライバーの安全確保などの課題もあることから、交通のデジタル化に向けて配車システムを導入し、運営効率化と安全のサポートを図る。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ