楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

6月から通常営業、観光列車も7月から運行再開へ JR四国、観光需要回復へ取り組み

20/05/28

JR四国は5月26日、新型コロナウイルス感染拡大による影響について半井真司社長が会見した。コロナ流行以降の運輸取扱(速報)は、4月、5月ともに前年同月比78%減。大きな打撃を受けたが、緊急事態宣言の解除を受けて6月以降の運行、営業再開について報告した。

6月1日から各駅の切符発売窓口、JR四国電話案内センターの営業時間を8―20時の通常営業に戻すほか、ワープ支店と駅ワーププラザの窓口営業も再開する。

列車の運行は、当面、特急・快速・普通で運休が発表されているが、6月中旬からの運行再開を検討。観光列車は「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」「伊予灘ものがたり」「四国まんなか千年ものがたり」「しまんトロッコ」を7月4日、「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」を同11日、「ゆうゆうアンパンマンカー」を同18日に運行再開する予定。

四国まんなか千年ものがたり

四国まんなか千年ものがたり

四国内の観光復興に向けては、各観光施設と連携して、まずは日帰り、県内完結の「癒やしの旅」を提供する。往復特急自由席と食事をセットにした「駅長推薦あじな散歩道」などの商品を造成。今後、段階的に四国内の観光需要の喚起に向けたキャンペーンを展開するという。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ