楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

駅員への暴力行為が581件、5年連続減少もどこかで毎日1件以上

20/07/07

日本民営鉄道協会やJRグループなど全国の鉄道事業者36社局は7月2日、2019年度に鉄道係員に対する暴力行為が581件あったと発表した。

駅改札とホームで多い

件数は5年連続の減少で、前年度の630件より49件減っているものの、平均すると依然として毎日、どこかの鉄道関連施設で、駅員が暴力行為を受けていることになる。

加害者の6割が酒気を帯びていた。年齢別では60代以上が120件、50代118件が多い。60代以上は幅が広いことから、50代が最も危険な世代と言える。

発生場所はホーム223件、改札214件が多く、全体の7割以上を占めた。時間帯別では22時以降が多かった。

鉄道各社では7月10日から、共同で制作した暴力行為防止ポスター「たった一発で人生はこわれる。」を駅構内や列車内に掲出する。

暴力禁止を呼びかけるポスター

鉄道係員への暴力行為や、客同士の暴力行為に対し、各鉄道事業者が連携して、防止を呼びかける。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ