楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

発地・着地旅行を促進、和歌山—大阪空港結ぶ クリスタル観光バスと大阪バスが共同運行

20/08/02

クリスタル観光バス(本社和歌山市、古市啓悟社長)と大阪バス(本社東大阪市、西村信義社長)は7月18日、JR和歌山駅からJR大阪駅を経由して大阪国際空港を結ぶ高速バス「和歌山特急ニュースター号」の共同運行を始めた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の定員は通常の半数、30人に。全車両にプラズマクラスターイオン発生機を搭載し抗菌・消臭力のあるシートとカーテンを採用。5分ごとに車内の空気を入れ替える換気システムも導入している。

1日9往復。和歌山からは、始発が和歌山駅東口5時25分、最終は18時35分。大阪国際空港からの始発は7時25分で、最終は21時20分。両区間を約2時間で結ぶ。料金は和歌山駅―大阪国際空港が2400円、和歌山駅―大阪駅が2200円。開業記念で8月31日まで全区間2千円に。

和歌山駅東口で同日開かれた出発式には、110人が出席。古市社長は「和歌山には温泉や熊野古道、高野山など観光資源が豊富。県民が大阪国際空港を使って全国に出向くことも大事だが、ニュースター号を利用して全国から和歌山へ来ていただくという狙いもある。ぜひ知人にも伝えてほしい」と呼びかけた。

和歌山特急ニュースター号

和歌山駅東口で関係者110人が出席し
行われた新路線の開設式典で

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ