楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「いちご王国・栃木」楽しむ冬の旅 JR東日本、3月末まで観光キャンペーン

21/01/06

※新型コロナウイルス感染拡大の影響により、一部イベントが中止・変更に(21/01/14)

JR東日本は1月1日から、栃木県や県内観光関係者らと連携して「冬のとちぎ観光キャンペーン」を始めた。生産量日本一を誇り、「王国」を標ぼうする名産品いちごを中心に、スノーアクティビティやイルミネーション、温泉など冬の栃木を体感できる商品をそろえ、その魅力をアピールする。3月末まで。

「いちご王国・栃木」がテーマの企画が目白押し。2月20日には東京・新宿と那須塩原を結ぶ団体臨時列車「いちご王国・栃木号」を運行する。現地では3コースを用意しバスツアーでいちご狩りと食を楽しむ。小山や益子、宇都宮、那須ではいちご狩りプランも用意。1月15日は県庁で「いちご王国・栃木の日」特別イベント、1月24日までは「いちご王国・栃木」満喫ラリーも開かれる。

2次交通を利用したびゅう旅行商品は、石のまち・大谷と世界遺産・日光への定期観光バス、那須ハートランドでのいちご狩りの日帰りプラン、ハンターマウンテン那須への日帰りスキープランなども設定した。

そのほか臨時列車の設定や産直市の開催、積極的な宣伝展開などで冬の栃木の魅力を伝えていく。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ