楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京九州フェリー、横須賀−新門司航路を7月1日に就航

21/04/09

東京九州フェリーは7月1日、神奈川県・横須賀港−福岡県・新門司港航路を就航、運航を開始する。関東と九州を結ぶ貴重なフェリー直行便として期待を集めている。

横須賀−新門司間976キロを約21時間で結び、日曜を除く週6便を運航。ダイヤは上りが新門司23時55分発、横須賀翌20時45分着、下りが横須賀23時45分発、新門司翌21時着。

貨客船「はまゆう」「それいゆ」を利用し、旅客定員は268人、トラック約154台、乗用車30台を積載する。

はまゆう

はまゆう

船内はレストランや露天風呂、ショップなどを完備。レストランでは関東と九州の食材を使ったメニューも提供するほか、季節によっては船上バーベキューも。最上階に展望浴室、プラネタリウムや映画を鑑賞できるコンファレンスルーム、ペットと過ごせる客室など、長時間の船旅を楽しめる設備を充実させている。

運賃はツーリストA旅客が1人1万2千円。基本運賃に室料を加算するルームチャージが必要なツーリストS、ステート、デラックスなどの客室も設定する。

詳細はhttps://tqf.co.jp/へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ