楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アユ解禁の多摩川 台風19号影響し遡上アユは昨年の1割程度

東京都は6月1日、今年の多摩川を遡上したアユは、昨年の333万尾の1割程度の37万尾と推計されると発表した。2004年以来、16年ぶりの少なさだという。

調査で採取した遡上アユ

東京都ではアユを重要な水産資源として、1983年から多摩川下流部で遡上調査を行っている。今年は3月23-5月31日まで、多摩川河口から11キロの地点の丸子橋近くに定置網を設置して調査を行った。

遡上するアユの数が大幅に減少した理由について、都島しょ農林水産総合センター振興企画室は、「昨年10月の台風19号の影響で、アユの産卵場での濁水が継続したこと」が要因の1つに考えられるとしている。

アユは寿命が1年の年魚。多摩川では主に河口から15-25キロ区間で秋に産卵し、ふ化すると海に下り、東京湾で冬を過ごすと、春に川を遡上する。

センターの長谷川敦子企画振興室長によると、「アユは年魚のため、天候や水量など、前の年の川の状況に影響を受けやすい」とのこと。

最近の数年を見ても、2017年の158万尾から、2018年には990万尾、2019年は333万尾と、遡上の数は大きく上下している。調査開始から最も多かったのは2012年で、1200万尾が多摩川を遡上したと推計している。

多摩川では6月1日、中下流域でアユの解禁日を迎えた。上流の秋川は6月6日、奥多摩は6月20日が解禁日となる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ