楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フィンエアー 日本路線を増便、成田-ヘルシンキは毎日運航に

21/09/17

フィンエアーグループ(フィンランド・ヘルシンキ)は、世界的にコロナウイルスのワクチン接種者が増えていることや、一部の国・地域で渡航制限が緩和され旅行需要が戻りつつあるとして、冬期スケジュール(10月31-2022年3月26日)で日本を含むアジア、北米路線を中心に増便すると発表した。

フィンエアー

日本-フィンランド路線は現在週3便の成田-ヘルシンキ線を週7便の毎日運航に増便する。また、関空-ヘルシンキ線は10月1日から週3便で運航を再開し、冬期期間中に段階的に週7便に増便する。

中部-ヘルシンキ線は2022年2月に週2便で運航再開、福岡線は2022年夏期スケジュールでの運航再開を予定している。札幌線は当面運休を続ける。

ヨーロッパ路線は主要都市に毎日複数便を運航し、日本からヘルシンキ経由での渡航もしやすくなる。フィンランド国内で冬期に人気のラップランド路線も毎日複数便を運航する。

フィンエアーのチーフ・コマーシャル・オフィサー、オーレ・オルベール氏は「旅行需要が回復しつつある中で、当社の幅広いネットワークを再開することでお客様により良い乗り継ぎを提供できることを、非常に嬉しく思っています」とコメントしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ