楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JR西日本と京阪HD、「奥京都」エリアで10月15日からデジタルスタンプラリー MaaSとAIで周遊提案

21/09/28

JR西日本と京阪ホールディングスは10月15日―11月30日、鞍馬や貴船、八瀬、大原といった京都市北部「奥京都」エリアでデジタルスタンプラリーを実施する。ギックス(本社・東京都港区)のMaaSアプリ「WESTER」と個客選択型スタンプラリー「マイグル」を活用し、利用者の嗜好にあわせた楽しみ方を提供する。

参加は「WESTER」からエントリー。簡単なアンケートに答えると、その結果からおすすめのモデルコースに沿ったスタンプラリーシートが提案され、観光地や寺社、店舗でデジタルスタンプを集めてまわる。スタンプを3つ集めてラリーを達成すると、抽選で100人に京阪グループ関連の景品が当たる。
また「WESTER」へのICOCA番号登録、ICOCAポイントサービスの利用登録を行ったICOCAでラリーを達成すると叡山電車、京阪電車利用額の10%分のICOCAポイントを還元するキャンペーンも。ラリー参加者には参加店舗などで使用できる優待クーポンも発行される。

京阪ホールディングスは、昨年もJR東日本とMaaSの実証実験を行うなど奥京都エリアでのMaaSによる周遊促進の取り組みを進めている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ