楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行客の目線で商いを

21/11/10

インターネットを抜きにしては語れない世の中になって久しい。あらゆる産業がインターネットを念頭に置いた構造に置き換わってきている。同時に価値観も変わっていくなかで、観光業界はまだまだその認識が低いように思える。例えば我々の業界では客室の広さを「畳」で表現しているが、畳のない家庭が増えているなかで10畳、12畳と表現して、旅行者に伝わっているのかどうか。まだ畳のわかる世代がいるところはいいが、今の若者には「畳」の表現よりは「平方メートル」の方がわかりやすいように思える。

コロナ禍ですっかり減ってしまった団体旅行にしても、宴会が華やかりしころには、日本酒のお銚子を上げ底にし、ひどいところでは水を混ぜていたところもあった。本数を増やして売り上げにつなげた結果、旅館で飲む日本酒はまずいとされ、日本酒自体が世の中で敬遠されることにもつながったという説もある。

翻って現在の宴会では、この地域でしか飲めない特別な日本酒を勧めた方が多少料金は高くても買ってくれるのが今の旅行客だという。その方が旅行会社、旅館、旅行客の三方良しになるという。いくらインターネットの社会が進んでも、業界本位ではなく旅行客目線で正直な商いをしていれば、支持される業界として認知されるのではないだろうか。

(トラベルニュースat 21年11月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ