楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

年末年始利用は前年比2・5倍の893万8千人、コロナ前の75%まで戻る JR各社、新幹線・在来線特急の利用状況

22/01/07

JR各社が1月6日に発表した年末年始期間(2021年12月28日―22年1月5日)の新幹線・在来線特急などの利用状況によると、利用人数は前年同期と比べて2・54倍となる893万8千人だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で過去最低となった前年から大幅増となり、コロナ前の前々年同期の約75%程度まで戻ってきた。

JR西日本は全体では前年同期比275%の207万人。山陽新幹線は同290%の133万5千人、北陸新幹線は同262%の23・9万人、在来線は同247%の49・6万人だった。

JR東海では全体が同256%、新幹線は同257%、在来線は同228%。

JR東日本では全体が同246%。

JR九州では全体が同208・7%、九州新幹線博多―熊本間は同210・0%。

JR四国では、瀬戸大橋線が同246%、主要3線区が同262%。

JR北海道では主要4線区が同278・3%。

山陽新幹線

ようやく客足も徐々に戻ってきた

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ