楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

セブ・パシフィック航空 5月1日から成田-セブ線を毎日1往復で再開

23/04/19

フィリピンの大手格安航空会社、セブ・パシフィック航空は5月1日から、成田-セブ線を毎日1往復、成田-クラーク線を週4往復で運航を再開する。

運航再開を記念して4月17日から、日本-フィリピン間の片道基本料金が100円(燃油代や空港使用料などは別)のセールを開始した。搭乗期間は2023年8月1-2024年3月31日で、合計15000席を用意している。

100円セールを利用すると日本-フィリピンの燃油代などを含めた往復料金が3万円程度になるといい、発売初日に75%が売れた。

運航再開の発表会見で同社のアレクサンダー・ラオ社長は「2019年にフィリピンを訪れた日本人旅行者は68万人、コロナで2022年は約10万人にとどまりました。運航再開で成田、名古屋、大阪、福岡の4都市とフィリピンが結ばれます。2023年は利用者が大幅に増えることを願っています」と話した。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ