楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

唐招提寺御影堂特別公開などで悠久の旅へ JR東海「いざいざ奈良」、秋は西ノ京・平城宮跡エリアが舞台

23/10/05

JR東海が展開している奈良を舞台にした観光キャンペーン「いざいざ奈良」の第4弾、秋は西ノ京・平城宮跡エリアにスポットを当てて展開する。世界遺産「古都奈良の文化財」に登録されている唐招提寺や平城宮跡があり、シルクロード終着点として悠久の歴史を感じられるエリアへの旅を提案する。

イメージキャラクターはこれまでに引き続き俳優の鈴木亮平さんが務める。首都圏を中心にテレビCMを放映するなど誘客宣伝活動を展開する。

いざいざ奈良

鈴木さんがキャラクターを務める
「いざいざ奈良」イメージ

特設サイト(https://nara.jr-central.co.jp/campaign/izaiza_nishinokyo/)も開設し情報を発信。10月8日までの期間は公式Ⅹ(旧ツイッター)へのフォロー、投稿でJWマリオット・ホテル奈良ペア宿泊券などが当たるSNSキャンペーンも実施している。

唐招提寺では、「鑑真和上来日1270年記念 御影堂特別公開」を実施。通常非公開の国宝・鑑真和上坐像を特別公開する。公開日は10月8、9、13日、「EXサービス」会員向け旅行プラン「EX旅先予約」でもプランを設定しており、限定拝観日も設けている。

そのほか「EX旅先予約」では、奈良文化財研究所研究者による解説付きで平城宮跡をめぐるプランなども用意している。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ