楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

嵐山駅で「紫式部展」 京福電鉄が開催中/京都

24/05/29

京福電鉄が京都市右京区の嵐電嵐山駅3階のイベントスペースで紫式部とゆかりの地の魅力を発信する「めぐり逢ひて、紫式部展」を開催中。

京都市や宇治市、大津市、越前市の紫式部や清少納言にちなんだ観光パンフレットを設置しているほか、NHK大河ドラマ「光る君へ」コーナーを設け、出演者の全身パネルや番組PR映像を上映している。

めぐり逢ひて、紫式部展

駅3階のイベントスペースで開催

また、車折神社にある清少納言を祀る清少納言社にスポットをあてた2024年限定の「いとをかし嵐電1日フリーきっぷ」も発売。料金は1500円で嵐電が1日乗り放題で清少納言社限定のご朱印と才色兼備お守りがセットになっている。

嵐電の担当者は「源氏物語や古典文学ゆかりの地のひとつ嵯峨嵐山から平安時代に思いをはせ、各地をまわっていただければ」と話し、駅舎屋上の展望エリアは愛宕山や比叡山、渡月橋、京都タワーなど360度を見渡せる眺望スポットになっていることもアピール。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ