楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

会長に片岡さん(双葉荘) 日旅協関西支部連、18年度も発展へ委員会事業

18/08/07

日本旅館協会関西支部連合会(増田友宏会長=奈良・春日ホテル)はこのほど、大阪市北区のホテルグランヴィア大阪で開いた通常総会で増田会長が退き、後任に片岡哲司副会長(滋賀・双葉荘)の就任を決めた。

日本旅館協会関西支部連合会片岡新会長

片岡新会長

増田前会長は冒頭のあいさつで民泊問題に言及。「ヤミ民泊をなくすための行動を行っていきたい」と改めて強調した。日本旅館協会本部の針谷了会長(総会当時)は「任期中に会費を下げ、現金を残せたことなど事業を活性化することができた」と述べ、後任の本部会長にも事業継続の考えを示した。

2018年度の事業計画は▽総務企画委員会が旅館の魅力を発信して雇用につなげる▽IT戦略委員会が日旅協DRS(ダイレクトリザベーションシステム)への加入促進▽観光立国委員会がインバウンド誘客のための市場開発と日本旅館ホテルのPR▽労務委員会が労働生産性向上に関する調査及び研究▽青年グループが旅館業務の生産性向上、再現性、IT・AI化の研究を行うことを発表した。

総会終了後には京都外国語大学国際貢献学部グローバル学科教授のジェフ・バーグランドさんが「十人十色のおもてなし―伝わるインバウンドコミュニケーション」と題し講演した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ