楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

こんぴら歌舞伎で地域文化を創生 琴平グランドホテル近兼会長、文化庁長官表彰を受賞(1)

19/05/29

香川県・こんぴら温泉郷の琴平グランドホテルの近兼孝休会長が3月18日、平成30年度(2018年度)文化庁長官表彰を受賞した。「永年にわたり、『四国こんぴら歌舞伎大芝居』の開催に尽力するなど、文化観光・まちづくりに寄与し、我が国の地域文化の創生に多大な貢献をしている」ことが評価された。旅館関係者で文化庁長官表彰を受賞するのは珍しい。

琴平グランドホテル近兼会長

回顧録を手に記者会見に臨んだ近兼会長

近兼会長は1985年から毎年、同町の国指定重要文化財である「金丸座(旧金毘羅歌舞伎)で「四国こんぴら歌舞伎大芝居」を開催。今年で35回目を迎えた。

こんぴら歌舞伎は84年夏に放映されたテレビ番組「すばらしき仲間達」の収録で金丸座を訪れた中村吉右衛門、澤村藤十郎、中村勘九郎(十八代中村勘三郎)という当時は若手歌舞伎役者だった3人が「あの小屋で歌舞伎を演じてみたい」と話したことから始まる。

国指定重要文化財を使って歌舞伎を演じるという無謀ともいえる発案に心を動かされた近兼会長は東奔西走。翌年の6月に「第1回四国こんぴら歌舞伎大芝居」の開催にこぎつけ、その後の「こんぴら歌舞伎大芝居」の流れをつくった。「四国こんぴら歌舞伎大芝居」の香川県での経済波及効果は大きく、地域の活性化にも結びつき、全国にあった様々な芝居小屋復活にもつながっている。

(次の記事)こんぴら歌舞伎で地域文化を創生 琴平グランドホテル近兼会長、文化庁長官表彰を受賞(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ