楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「SORANO HOTEL」 東京・立川でインフィニティ―プール備え20年5月12日に開業

19/09/30

立飛ホールディングス(東京都立川市)及び、 ホテルの経営、 運営を担当する立飛ホスピタリティマネジメント(東京都立川市)は9月30日、 東京都立川市内に建設中の「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」の開業を、 2020年5月12日(火)に予定していると発表するとともに、11:00から、 公式ホームページ( https://soranohotel.com/ )で宿泊予約受付を開始した。

インフィニティプール

「ウェルビーイング」がコンセプト

「SORANO HOTEL」は、 心にもからだにも健やかであること「ウェルビーイング」をコンセプトに、 従来の枠にとらわれず新しいホテルの在り方を目指すホテル。 「ウェルビーイング」を求める機運が高まる中、 新宿からわずか30分ほど(※)で慌ただしい日常から離れ、 心身ともに心地よい寛ぎの時間と、 食、 スパ、 温泉、 エクササイズなどの様々なアクティビティを気軽に楽しむ「ウェルビーイング・ショートトリップ」という新しい旅のスタイルを提案する。

全ての客室が52平方メートル 以上のゆとりと、 隣接する昭和記念公園を臨むバルコニーを備えている。 また、 最大の特徴である屋上のインフィニティプールでは、 豊かな緑と広大な空を眺めながら、 独自に掘削した温泉水を楽しむことができる。

インテリアデザインは、 「GINZA SIX」を手がけた、 グエナエル・ニコラ氏が担当。 都心のすぐそばにあるリゾートという、 新しいコンセプトを表現した空間で、 東京にいながら、 「東京」ではこれまでなかなか得ることのできなかった滞在体験を提供する。 (※JR新宿駅から立川駅まで、 中央特快等で約25分)

「SORANO HOTEL」は、「GREEN SPRINGS」内に開業

「SORANO HOTEL」は、 立川駅北側の約 3.9 万平方メートル の区画に、 立飛ホールディングスが開発中の新街区「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」(2020年4月開業予定)内に開業。 サービス料なし、 4名まで宿泊エクストラベッドチャージなし、 エコロジーファーストの視点で選び抜いた寝具・アメニティの採用など、 従来のホテルの常識にとらわれない発想で、 これからの時代の“心地よさ”を提供する。

SORANO HOTELの特徴

<デザイン>

ロビー

海外プレスティージブランドの商業店舗や「GINZA SIX」の内装など、 グローバルに活躍するフランス出身のデザイナー、 グエナエル・ニコラ氏がインテリアデザインを担当。 洗練された心地よいナチュラルなトーンで統一されている。 エントランスからロビーにつながる”テント”をモチーフにデザインされた空間は、 屋内にいながらも、 キャンプや自然を連想させる、 心身ともに自由で開放された時間を表現している

<客室>

客室(プレミアパークビュー)

客室(WA MODERN パークビュー)

全81室の客室が、 52平方メートル 以上のゆとりと、 昭和記念公園に面したバルコニーを備えており、 大きくとられた窓が一層の開放感をもたらす。 ベッドの配置も、 客室中央に窓に向かって置かれ、 パークビューを楽しむための贅沢な空間遣いになっている。

ゆったりと3人まで滞在できる「プレミアパークビュー」、 また、 4人まで利用できるスタイリッシュな和モダンタイプの客室を中心に販売を開始する。 一室あたりの宿泊料金設定としており、 人数増やエクストラベッド利用による追加料金は一切なく、 サービスチャージもない。 また、 バスルームアメニティに一度きりの使い捨てアイテムを置かないなど、 お客様はもちろん地球環境や社会にも配慮した“心地よさ”を追求している。

「小規模・独立系ホテルだからこそできる、 従来の枠にとらわれない発想で、 これからの時代に即した高品位・高品質、 独自性豊かなホテルを目指す」と同社。

「SORANO HOTEL開業記念プラン」販売中

1室1泊39,000円(税別)から用意。

期間:2020年5月12日(火)~2021年3月31日(水)
「SORANO HOTEL開業記念プラン」など宿泊プランの詳細は、 公式ホームページで確認できる。 ( https://soranohotel.com/

<スパ「SORANO SPA」>

インドアスパ

10階~11階(屋上)の2フロアにまたがる「SORANO SPA(ソラノスパ)」の最大の特徴は、 ルーフトップにある直線で約60m規模のインフィニティプールです。 水平線と空が一体となったかのような圧倒的な開放感を味わうことができ、 快晴の日には、 富士山を眺めることもできる。 併設されたルーフトップバーでも、 時間とともに移り変わる景観を楽しめる。 温浴施設のインドアスパ、 ジャクジー、 ナノミストサウナ、 ジムスタジオなどを備えた10階の施設ともに、 独自に掘削した温泉水を使用している。 (両フロアとも水着着用の施設となる )

<レストラン「DAICHINO RESTAURANT」>

「DAICHINO RESTAURANT(ダイチノレストラン)」では、 食材の安全性への配慮はもちろん、 “こころ”や“社会”にも健康で心地よい料理とおもてなしを提供する。 土地ごとの風土にあった素材を、 自然に無理なく育てるからこそ食材本来の滋味豊かな味わいが生まれる、 との考えのもと、 食材の生産者やルーツが分かるようディスプレイし、 料理人の手元が見えるオープンキッチンにて調理・提供する。 メニューは、 和食を基本に諸外国の文化や料理を取り入れ、 いわば様々なエッセンスが混じりあい融合するクロスオーバーフードとして、 アラカルト(単品料理)を中心に提供する。

SORANO HOTEL 概要

ロゴ

住所:東京都立川市緑町3-1 W1 ※2020年4月開業予定の新街区「GREEN SPRINGS」内
アクセス:新宿駅から立川駅までJR中央線(中央特快・青梅特快利用)で約25分 立川駅から徒歩8分
客室数:81室(全室52平方メートル 以上)
インテリアデザイン:グエナエル・ニコラ(Gwenael Nicolas)/(株)キュリオシティ 代表
経営:(株)立飛ホスピタリティマネジメント ((株)立飛ホールディングス 100%子会社)
本社所在地:東京都立川市栄町六丁目1番地
代表取締役:村山正道
取締役COO(運営責任者):坂本裕之
総支配人:深田浩平
建物:地上 11 階 地下1階   延床面積:13,251 平方メートル
設計:山下設計・大林組設計共同体     施工:(株)大林組

<参考資料>

 JR立川駅北口の新街区「GREEN SPRINGS」(2020年4月開業予定)について

イメージ

ロゴ

立飛ホールディングスが、 立川駅北側「みどり地区」(東京都立川市緑町3-1外2筆)に建設中の新街区「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」は、 2020年4月開業を予定。 「SORANO HOTEL」の他、 建物内外がつながるユニークな構造が特徴の多摩地区最大2,500席規模の次世代型ホール「TACHIKAWA STAGE GARDEN」や、 商業施設、 オフィス等により構成される。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ