楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:上山市 温泉旅館に前年度入湯税相当額の支援金

20/05/02

山形県上山市は5月1日、市議会臨時会を開き、コロナウイルス感染症に係る緊急経済対策のための予算を可決、温泉旅館に対しては、前年度の入湯税額に相当する4200万円の支援金を交付することを決めた。

交付の対象となる温泉旅館は21軒で、市では温泉旅館は「特に厳しい状況にある」とし、連休明けにも申請を受け付け、5月中には交付したいとしている。

同市の「かみのやま温泉旅館組合」(19軒)は、従業員やスタッフ、地域の安全確保を考慮し、山形県内への人の移動を抑えるため、4月14-5月10日まで、全施設が一斉に自主的に休業している。

支援金を入湯税相当額としたことについて、市では、「温泉旅館は本市を特徴づける産業であり、収束後の地域経済の活性化に重要な存在です。事業の継続を目指す温泉旅館を支えたい」としている。

新年度以降の入湯税については、従来通り徴収する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ