楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:長野県 近隣7県住民を対象に宿泊割引プラン発売

20/07/01

長野県は、近隣7県の在住者を対象にした宿泊割引プランを、各県の旅行会社店頭やオンラインで発売した。

コロナウイルス感染症拡大による、県境を超える移動の自粛要請が6月19日に解除されたのを受け、割引の対象を近隣県にも広げた。

対象は群馬、新潟、富山、山梨、岐阜、静岡、愛知の7県。1人1泊あたりの宿泊代金が1万円以上で5000円、6000-1万円未満で3000円割り引く。大手旅行会社の支店など、各県にある100店舗以上とウェブサイトで販売している。宿泊利用期間は7月3-8月2日まで。

県では第2弾として、7月中旬以降、割引の対象を全国に広げる。今回の事業を含めた予算は約2億7000万円で、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を充てる。

県観光誘客課では、「対象を全国に広げるにあたっては、今後もコロナの動向を注視していきますが、県内の宿泊産業と地域経済を支えるため、国のGo to トラベルキャンペーンまで、切れ目なく支援したい」と話している。全国向けの販売ではOTAの活用を検討している。

また、長野県は7月1日、長野県民を対象にした県内旅行の割引プランを、2万泊分追加すると発表した。7月3日に県内の取り扱い旅行会社と、ファミリーマートで発売する。

1万円以上の宿泊プランで、5000円の割引と2000円の観光クーポン券、6000-1万円未満の宿泊プランで3000円の割引と2000円の2000円分の観光クーポンが付く。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ