楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

福島県 県内宿泊支援の対象に青森、秋田、岩手、宮城を追加

20/10/20

福島県は10月15日から、福島県内の宿泊する人に5000円を補助する支援制度の対象に青森、秋田、岩手、宮城の4県を追加した。また、宿泊対象期間を10月31日までから2021年1月31日宿泊分まで延長した。

これから紅葉シーズンの福島市・土湯温泉

6月から実施している観光需要喚起策で、当初、福島県民に限定していたものを、9月から対象を隣接する山形と新潟県民に拡大していた。

1人1泊7700円以上の宿泊から5000円を割り引き県が負担する。3連泊まで利用でき、利用回数に制限はない。ただ、ビジネス目的は対象外で、Go Toトラベルとも併用できない。

県内宿泊支援制度では、これまでにおよそ13万泊分の利用があった。県では「全体で18万泊分を支援する事業で、まだ5万泊程度の利用が可能です。忘新年会のご利用にも期待しています」と話している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ