楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京都 ホテル客室を500円で、テレワーク緊急強化月間で100室提供

21/01/19

東京都は1月20日から、テレワーク希望者に多摩地区のホテル客室を安価で提供する補助事業を開始する。期間は3月20日まで。

1月20-2月18日、2月19-3月20日の2つの期間に、それぞれ多摩地区の5つのホテルの客室各20室をサテライトオフィスとして都が借り上げ、都内に在住もしくは在勤のテレワーク希望者に1日(9-19時)1室500円で提供する。

客室のデスク(R&Bホテル八王子)

利用希望者は前日までにホテルに予約する。各施設先着20人(室)まで受け付ける。

対象のホテルは次の通り。

〇1月20-2月18日 R&Bホテル八王子、東横 INN 立川駅北口、HOTEL松本屋 1725、ホテルリソル町田、・京王プラザホテル多摩

〇2月19-3月20 京王プラザホテル八王子、・ホテルエミシア東京立川、マロウドイン東京、東横 INN 町田駅小田急線東口、・LINK FOREST(リンクフォレスト)

コロナウイルス感染症拡大を受け東京都など1都3県を対象に緊急事態宣言が発出されたことを受け、東京都は1月8-2月7日を「テレワーク緊急強化月間」として出勤者数の7割削減を目指している。多摩地域にサテライトオフィスを確保することで都心への通勤を減らしたい考えだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ