楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「W Osaka」がオープン マリオット「Wホテルズ・ワールドワイド」日本初進出/大阪

21/03/21

マリオット・インターナショナル(本社・米国)は3月16日、大阪市中央区に新ホテル「W Osaka(ダブリューオオサカ)」をオープンした。ラグジュアリーブランド「Wホテルズ・ワールドワイド」の日本初進出ホテル。御堂筋沿いに立地し、大阪観光の宿泊拠点としての役割が期待される。

施設デザインは建築家・安藤忠雄さんが担当。外観は、黒を基調にした一枚岩のようにシンプルかつスタイリッシュなデザインを採用した。「シンプルな外観に対比して内部は色鮮やかネオン装飾で華やな内装が隠れた」をコンセプトとしており、江戸時代にぜいたく禁止のなか内々では豪華で粋な遊びを楽しんだという大阪商人の遊び心を反映したという。そのほかインテリアデザインはオランダの建築会社コンクリート社が担当、エントランス付近にも演出を施すなどこだわりを散りばめた。

W Osaka

「W Osaka」エントランス

337室の客室とスイートルームからなり、大阪港の海から着想を得た明るいトーンで統一された空間に。壁一面に広がる窓からは大阪のまちを一望することができる。最上階の27階の「エクストリームWOWスイート」は天井高4・5メートル、広さ200平米もの広さを持つ。

館内にはバー2軒、レストラン4軒、フィットネスセンターやイベント会場、会議室なども備え、多様なニーズに対応する。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ