楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「Go to」利用意欲は旺盛 トラベルズーが調査、利用時期は10月がトップ

旅行ネットメディア「トラベルズー」を運営するトラベルズー・ジャパンは、国内のサイト会員を対象に、政府が予定する経済活性化施策「Go To Travelキャンペーン」に関する意識調査を実施した。認知度こそ低かったものの、内容の説明後にキャンペーンの宿泊補助を利用は9割弱が意向を示すなど、概ね好意的に受け止められ、一定の効果が期待できそうだ。

同キャンペーンでは、国内観光の需要を喚起するために、旅行会社の旅行商品や宿泊施設の直販などの利用で最大半額相当が補助が適用されるというもの。

キャンペーンについて「内容をよく知っている」は29・1%ながら「聞いたことはあるがよく分からない」と合わせると知名度は76・8%に。ただ内容は大半が知らないため、認知度はまだまだ低いといえる。

ただ、その内容を説明してから利用意向を尋ねると、「利用したい」は87・5%に。 キャンペーン開始予定の7月から12月までの国内宿泊旅行への意向の問いには、97・2%が1回以上はしたいと回答。2回は38・4%、3回は27・0%と、早期かつ複数の旅行意向を持つ人が多く、キャンペーンへの期待感の高さが浮き彫りになった。

昨年同時期の国内旅行回数との比較は、「昨年と変わらない」43・6%をはじめ昨年同等以上の回数を考えている人の割合が7割超。キャンペーンにより旅行需要の減退は抑えられそうという見方ができる。

キャンペーンの利用時期は10月が55・0%。夏季などを抑えて10月がトップになったことについて、同社ではコロナウイルスへの不安と旅行再開にへの意欲との心理的なバランスが要因では、としている。

調査は6月3―7日にインターネットで実施。回答数は3013。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ