楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

3つの乗り物―越後絶景遊覧 新潟県苗場・奥只見

23/03/01

新潟県から苗場プリンスホテルの田島芳人さん、奥只見観光の仲沢孝子さん、県観光協会の渡邉徹さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、春の新緑と秋の紅葉を「空・湖・陸」から楽しむ“越後絶景遊覧”を紹介した。

空は、全長5481メートルと日本最長を誇るロープウェイ「苗場ドラゴンドラ」。湖は、北欧のフィヨルドを思わせる景観の「奥只見湖遊覧船」。陸は、SNSで世界で最もロマンティックな鉄道に選ばれたJR只見線の小出駅―大白川駅間。単体でも絶景が楽しめるが、これら3つを組み合わせることで唯一無二の景観を提供する。

5月20日から6月18日の期間には、苗場ドラゴンドラと奥只見湖遊覧船の相互割引キャンペーン(W割)を実施する。ドラゴンドラの往復乗車が通常2500円を2200円に、遊覧船の周遊コースが通常1200円を700円(いずれも大人1人料金)にする。

仲沢さんは「首都圏から関西圏にシフトしアピールしています。関西の皆様に越後の絶景を堪能いただきたいですね」。

田島さんは「W割は秋の紅葉シーズンにも実施する予定です。3つの乗り物から見る紅葉をお楽しみください」と話している。

渡邉さんは、今春に運航を再開する佐渡汽船の直江津―小木間のフェリー航路について紹介した。

新潟県苗場・奥只見の皆さん

新潟県苗場・奥只見の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ