楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

冬は日本一のクエ鍋食べに来て 和歌山県日高町

18/11/02

和歌山県日高地方から、きのくにフレンズの川口理那さん、日高町商工会の荊木宣雄さん、日高町産業建設課の戸上正幸さん、県日高振興局地域振興部の川口博之さんと田甫淳さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、南紀を代表する冬の味覚「クエ」をアピールした。

今年冬に埼玉県で開かれた「ニッポン全国鍋グランプリ2018」で、日高町が出展した天然クエ鍋が優勝、全国62鍋から勝ち取った。

荊木さんは「ポン酢文化がなく、聞いたことはあるがほとんど食べたことはないという関東で1位に選ばれました。クエ鍋発祥の地で元祖・日高町が一気に全国区になりました」と喜ぶ。

今冬は、全国優勝を追い風にクエ鍋をさらに売り込む。10月から3月下旬が旬で、コラーゲンたっぷりのプリプリの身が味わえる。

「クエは1年に1キロしか大きくなりません。日高町で揚がる20キロ台の大物は天然でなければ食べられませんよ」と荊木さんは胸を張る。

「天然クエを食べる機会はなかなかありません。ぜひ日高町にお越しください」と川口さん。町内の民宿で1泊1万6500円から提供している。

和歌山県日高地方の皆さん

和歌山県日高地方の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ