楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

歴史やパンダ、充実の観光コンテンツ 和歌山県

19/03/06

和歌山県商工観光労働部の木瀬信希さん、佐向大輝さん、県伊都振興局地域振興部の森本有衣さん、きのくにフレンズの川口理那さん、和歌山市観光協会の上山直樹さん、有田川町産業振興部の来栖悠起さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れた。

神話の時代から近代に至る歴史を「100の旅モデル」として紹介。歴史の舞台を巡るスタンプラリーを展開中だ。達成者全員に記念盾を進呈し抽選で「プレミア和歌山」推奨品や旅行券をプレゼントする。木瀬さんは「歴史を学びながら和歌山を丸ごと楽しめるモデルコースに、ぜひチャレンジしてください」。

白浜町のアドベンチャーワールドでは昨年8月、ジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生。佐向さんは「『彩浜(サイヒン)』と名付けられ、これで白浜のパンダファミリーは6頭に。パンダの故郷・中国以外では世界一の大所帯ですので、見に来てください」。

和歌山市は南海電車の加太さかな線を走る「めでたいでんしゃ」をアピール。「めでたい車内、めでたい海、めでたいスポット、めでたいおいしさを体験してください」と上山さん。

有田川町は「わたしが好きなありだがわ」をテーマにしたフォトコンテストを開催。来栖さんは「当町各地をまわって魅力ある風景を撮影してほしい」と話していた。

和歌山県の皆さん

和歌山県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ