楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行産業の成長期す ANTA、JATAが総会(2) JATA・双方向観光交流活性化に注力

JATA総会・海外旅行2千万人に向け

JATAの2018年度総会は6月21日、東京・大手町の経団連会館で開かれた。

田川会長はあいさつで「インバウンド4千万人が視野に入ってきました。アウトバウンド2千万人と合わせて双方向で6千万人の時代を迎えようとしています。来年から始まる国際観光旅客税の使途について、観光庁と意見交換を密にして、バランスの取れた双方向観光交流に資する施策を要望していきます」と話し、訪日旅行者の急増に話題が集中するなか、引き続き日本人海外旅行者増につながる活動に力を入れる考えを示した。

JATA総会

JATAは日本人海外旅行者増を図る

また民泊について、6月に民泊新法が施行されたことを踏まえながら「旅行業界として合法で個性的な施設を紹介していく」と、取り扱いに前向きな姿勢を見せた。

海外旅行2千万人に向けた環境整備として今年度、働き方改革・休み方改革に重点を置く。有給休暇取得率の10%改善を会員各社に要請し、新たに設けた会長表彰制度で優秀会員を顕彰する。一方で海外旅行の需要拡大に向けては、昨年新設したアウトバウンド促進協議会が中心となり、地方での海外旅行イベントやセミナーの開催などで需要喚起を図る。外交関係樹立から100年など日本と諸外国との周年にあたっては、二国間交流に力を入れる。

中核事業のツーリズムEXPOジャパンは9月20―22日に東京ビッグサイトで開催。19年は初めて大阪で10月24―27日に開催する。

(トラベルニュースat 18年7月10日号)

(前の記事)旅行産業の成長期す ANTA、JATAが総会(1) ANTA・地域創生の流れ、チャンスに

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ