楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

かつて高野山にゴンがいた 和歌山・慈尊院(2) 道案内し心に寄り添う

その犬は、慈尊院から聞こえる鐘の音を好み、いつしか「ゴン」と呼ばれるようになった。慈尊院から高野山まで約20キロの道のりを参詣者の少し先を歩いて案内し、夜には慈尊院に戻ってくるという毎日を送るようになったそうだ。

「実は、弘法大師も犬に案内されて高野山にたどりついたという伝説があるのです。ゴンはその生まれかわり、お大師様の案内犬の再来ではないかと私たちも驚いていました。自分の飼っていた犬の供養にお遍路されていた方がゴンと出会い本当に供養になったと喜ばれたこともありました」

安念副住職

ゴンの思い出を話す安念副住職

多くの人に愛されたゴンだったが、空海の母の月命日だった2002年6月5日に息をひきとった。「高野山案内犬ゴンの碑」は亡くなってからひと月あまりで建立。ゴンを惜しむ人が足を運んだという。

その翌年、高野山開創1200年のプロモーションで慈尊院を訪れたのが歌手の妙佳(たえか)さん。音楽プロデューサーのバンディ石田さんと一緒にゴンの話を聞き、ゴンの曲をつくった。

「住職と副住職のお人柄にも触れ、ゴンのお話しがとても響いたんです」と妙佳さんは、ゴンの紙芝居を作り、大阪市内の小学校142校で読み聞かせを行った。その時、子どもたちに書いてもらった5千人のメッセージは今、ゴンちゃんのお墓に奉納されている。

妙佳さん

読み聞かせを行う妙佳さん

安念副住職と妙佳さんはゴンちゃん、お母さんを感じにお参りに来ていただければうれしいと話していた。

高野山案内犬ゴンの碑

弘法大師像と並ぶ「高野山案内犬ゴンの碑」

(前の記事)かつて高野山にゴンがいた 和歌山・慈尊院(1) 参詣者を導く不思議な犬

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ