楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「観光維新―地旅夜明け前」テーマに座談会―国内観光活性化フォーラムinこうち開催(3) 地域と歩む観光産業の未来

新しい価値観と「魂」込めた商品造り

―旅行業や観光産業の可能性についてはいかがでしょうか。

黒笹 移住促進に力を入れてきた高知県ですが、これまでの移住は第一次産業系の担い手という意識が強くありました。しかし第一次産業は簡単ではなく急にやるのもむずかしい。その点、第三次産業はラフティングやシーカヤックのガイドなど、人材を募集して育成していけることから、第三次産業が若い人たちの移住促進の力になります。観光は、移住、人材育成といったことにもかかわってくるので重要な要素になります。

大原 観光を学んだ子どもはあらゆる職種にもつくことができます。コミュニケーション能力が高まるからです。観光学を教える商業高校が増えているのも、それが理由のひとつでしょう。

藤本 高知の県民性はコミュニケーションを取りたい観光客の場になっているようにも思いますし、観光産業はコミュニケーションを補完できる重要な産業です。

高知県地旅座談会

高知県観光と地旅普及について意見が飛び交った

黒笹 着地型ツアーの商品造りを誰が担うのか。旅行業界はそのことを認識し、これまでとは違う価値観で新しい商品を造ってほしい。ヒントはいろんなところにあります。

中間 我々の仕事はパソコン上で商品を造っても売ることではありません。魂を入れて商品を造らないと売れる商品にはなりません。魂を入れて商品を造っていくという基本の考え方を我々は持つべきだと思います。

山中 今日のテーマは「観光維新―夜明け前」ということで、夜明け前の中で観光業界も節目を迎えています。2月14日がそのスタートとなる大事なフォーラムになりますので心して望みたい。

近藤 高知県の観光への取り組みは、観光が主産業であると言い切れる熱い思いを感じました。そのなかで旅行業がどのような対策を練って行動するのか、大きな課題をいただきました。

(前の記事)「観光維新―地旅夜明け前」テーマに座談会―国内観光活性化フォーラムinこうち開催(2) 着地型は「三方よし」で

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ