楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スケールメリットで共同事業 「HOK連絡会」兵庫、大阪、京都3旅行業組合で座談会(2)

新規組合員増強にも効果 値付け使い勝手いい商品

−受入施設の間でもHOKのことはかなり知られるようになってきました。一番のメリットはどういったことでしょう。

森野 やはりスケールメリットです。これまで京旅協だけでは難しかった交渉がスムーズに進むようになり、いい条件を引き出しやすくなりました。

鈴木 現地受入施設に浸透してきたためか、当初よりA級旅館の参画が増えてきました。内容も魅力ある条件が多く、非常に販売しやすくなっています。OATAでは毎月1回支部会を開いていますが、受入施設の営業マンが支部会に来られて商品内容をPRされるので、より販売に拍車がかかる傾向にあります。

また先日、新規入会の方にまる得プランを説明したら非常に興味を持たれたので、新規入会にも活用できるかもしれないと思いました。

門田 兵旅協ではすでに入会するとマル得プランが使えますよ、と入会促進に活用させていただいています。

門田基秀さん

門田 基秀 さん
兵旅協理事長
(国際旅行)

森野 京旅協でも同じように新入会の組合員がすぐにまる得プランを活用するケースが目立ちますね。

鈴木 ある受入施設に問い合わせたら、京りょまる得プランの方がお得ですよ、と受入側からも言っていただけるようになってきました。当初はこちらからまる得プランを使いますと言わなければわからない状況でしたが、今は言わなくてもいいぐらい浸透してきたことを実感します。

谷口 施設によって料理や特典が違うので、商品として扱いやすい。料金を書いていないこともお客様への値付けがしやすく使い勝手がいいですね。

谷口賢一さん

谷口 賢一 さん
京旅協副理事長
(京都交通社)

鈴木 受入側のメリットとしては、まだゼロにはなっていませんが、送客ができていない施設はほとんどないということです。参画していただいた受入施設には必ず送客するという姿勢は守りたいと思っています。

(次の記事)スケールメリットで共同事業 「HOK連絡会」兵庫、大阪、京都3旅行業組合で座談会(3)
(前の記事)スケールメリットで共同事業 「HOK連絡会」兵庫、大阪、京都3旅行業組合で座談会(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ