楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地元密着・分散と集中に舵切り船出 近畿日本ツーリスト関西・三田周作社長(3)

地域の課題に同じ目線で目を向ける

―御社が言われる「地元密着」とは何ですか。

今、各地域ではそれぞれ課題を抱えています。我々は、そうした課題を解決するソリューションの会社にならなければなりません。例えば吉野では、パーク&ライドを私どもで行い、多くの方がスムーズに桜を見学できるようになっています。地域の課題に同じ目線で目を向けることが地域密着です。

これは法人セールスや学校セールスでも同じです。そのためには相手を良く知る、地域を良く知ること。店頭もそうです。お客様を覚えることです。顧客データがあり、顧客が利益を得るシステムを持つ一方、ヒューマンタッチも大切です。両方を使って、知るということと覚えるということ。それが密着のキーワードだと思います。

―OTAが台頭する中でリアルエージェントは何をすべきでしょうか。

「人」が1周遅れで先頭に立ったと感じています。店頭部門では商品ではなく「あなたから買いたい」という時代になってきました。私自身が昔からやってきた団体営業でもMICE、スポーツ、インバウンド、地域誘客など市場環境が大きく変わる中で人に回帰してきたと感じています。やはり人づくり、人を育てるということです。

あと一つは、安心安全です。「シートベルト付きの海外旅行です」と、我々に申し込みいただくと安心安全が担保されることを訴えていく必要があります。ただ、安心・安全は無料だという意識は根強いので、そこにどう価値を付け、フィーをいただけるようにしていくかが課題ですが。

(次の記事)地元密着・分散と集中に舵切り船出 近畿日本ツーリスト関西・三田周作社長(4)
(前の記事)地元密着・分散と集中に舵切り船出 近畿日本ツーリスト関西・三田周作社長(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ