楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業の近未来予想図 鹿児島県協会・組合が問う「2030年の旅行業」(5) 若い人が働く産業へ-ワークショップから

付加価値で市場創造

参加者によるワークショップは「2030年の旅行業」がテーマ。個人の考えをグループでまとめて発表、限られた時間の中でユニークなアイデアが出た。

「取次ではなく、あなたのための業種に旅行業がなれば」

「2037年には2万機の飛行機が飛びアジアの人口は40億人と予想されている。彼らが民営化した鹿児島空港へLCCで来る。旅行は目的ではなく手段としてコンソーシアムをつくり、LCCで来る外国人を着地型で囲い込んでいく」

「趣味やテーマ性が重要になり、企業として強みのある旅行業が大事になっていくのでは」

「スマホができるシニアが増えるが、リアル店舗のニーズは続く。関連業界のプラットフォームをつくり、客の情報量に負けないようにする」

「エアオンの客を囲い込む付加価値の高い商品で、11年がんばる」

「自らの経験を語れる肌感覚の旅行会社が生き残り、AIを使いこなして団体旅行も獲得」

「地域間交流を図り、コンシェルジュ的に商品を紹介する。我々がコミュニケーションをとり、地域の生活感の中から新たな市場を創造」

講評として、中間さんは「ITが進んでもアナログは廃らない。スマホ決済で手数料を得られる仕組みを検討する」。赤司さんは「50歳近い私が若手と言われる。中小の連合体で、若い人が稼げる業態に。旅行の感動を伝えられる旅行業を目指す」。井門さんは「鉄道ファン、ゲーム好きをデータベース化する。経営者を目指す旅行業のインターンシップをぜひ」。

(前の記事)旅行業の近未来予想図 鹿児島県協会・組合が問う「2030年の旅行業」(4) 人口減、低成長時代への問題提起

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ