楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

効率が悪い、不便が観光 “世界のANDO”愛ある毒舌講演/ツーリズムEXPO

ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西の基調講演に登壇したのは、建築家の安藤忠雄さん。世界各国で建造物を手掛けてきた経験から感じる「観光と日本」とは—。

「観光は好奇心と体力とリンクします。そもそも人と人が関わるもの。こんなところに座っている場合ではありませんよ」と、まずは出席者に対してひとくさり。

都市のあり方を考えると、「観光は効率の悪いものがよくなると思います。不便だから観光だ」と話す。その観点から日本を見ると「古いものは二度とできないから大切にすべきなのに、日本は全部壊してしまう。利益のために壊す。人の幸せがあってこその観光なのに…」と、もうひとくさり。

さらに「自然も壊すし、古いものは寺しかない。これでは観光できませんよ。観光立国言うてるけど…」と、とことん日本をこきおろす。でも、「ずれてるのが日本のいいところなんですけどね」とフォローで笑いを誘う。

結論はやはり「そこにしかないもの、今までしたことがないこと。これが観光」。この考えをベースに、「金儲けじゃない地球のことを考えたまちづくり」を提唱し、子どもたちの教育にも注力する例を示し、講演を締めた。

関西弁でまくしたてる“世界のANDO”の愛ある毒舌に、同時通訳を介しての聴講だった各国の観光首脳たちも大爆笑だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ