楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

非日常な時を過ごす—大阪最古の洋風建築「旧桜宮公会堂」 婚礼から一般宴会、会議も

リノベで蘇る名建築 旅行会社に手数料設定も

大阪市の中心部を流れる大川畔に、大阪府最古の洋風建築とされる瀟洒な洋館が建っている。明治天皇記念館として建設された国重要文化財「旧桜宮公会堂」だ。今は婚礼や会食、会議などを開催できる施設として、その歴史を紡いでいる。

公会堂正面は、ローマ建築様式の6本の列柱が並ぶ。もとは、明治初期にアイルランド人技師が設計した造幣寮鋳造所正面玄関を1935年に移築したものだ。明治天皇記念館、図書館、アートギャラリーと時代の変遷とともに役割を変えていき2013年、全国で婚礼施設やレストランを展開するノバレーゼ(本社・東京都中央区)が大阪市から運営委託されリノベーション。建物の重厚さをそのままに、モダンなスタイルで蘇らせた。

旧桜宮公会堂

正面玄関のローマ建築様式の列柱がインパクトを与える
旧桜宮公会堂を案内する水本佳苗GM

館内は2階建て。1階のメインバンケットは、ヘレン・ケラーも講演したという舞台を残し、天井からは豪華なシャンデリアを垂らす。着席で120席、立食で200人の広さ。平日はレストランとして、休日は婚礼宴席などに使われる。美しい意匠が施されたらせん階段を上った2階のテラスラウンジは30席。テラスからは大川が眺められ、夏の天神祭の開催時には打ち上げ花火が目の前で炸裂する。

旧桜宮公会堂

舞台の背後の切り窓、シャンデリアが
アクセントになっているメインバンケット

また同じく2階のクリスタルホールは全面ガラス張りで、2014年にグッドデザイン賞を受賞。婚礼時にチャペルとして利用されるほか、入社式や展示会などに使われることもあるという。

旧桜宮公会堂

全面ガラス張りで天窓からは日の光が注ぐ
クリスタルホール

リノベーションに合わせてノバレーゼでは隣接して新館を建設。重文の施設内では不可能な厨房を新設し、でき立てのコース料理を提供するなど料理に力を入れている。

水本佳苗GMによると飲食に関しては旅行会社に手数料も設けている。市内観光で非日常的な食事場所としても、会合の会場としてもお勧めだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ