楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

IRは新しい街の登場 米国アンコール・ボストンハーバーから(1) カジノ歴30年の記者が報告

昨年7月、特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)が成立した。大阪府や横浜市がIR誘致に名乗りを上げているほか、東京、和歌山、長崎などの自治体が誘致の検討を始めた。弊紙ではカジノ歴30年以上、10カ国以上のカジノで遊んできた記者をアメリカ東海岸のボストンに派遣し、開業したばかりの都市型IR「アンコール・ボストンハーバー」を取材した。ここではIRそのものに立ち返り、ボストンでも自費でチップを賭けてきた記者の渾身のリポートをお届けする。

まちを創造する 地域経済活性化とデメリット防止対策

IRというとまず思い浮かべるのはカジノ。日本人の多くにとって身近なカジノと言えば韓国やマカオ、シンガポール、ラスベガスといったところだろうか。バカラ、ブラックジャック、スロットマシン、ルーレットといった煌びやかでゴージャスな遊びのイメージがある一方で、ギャンブル依存症や治安の悪化などを心配する読者も多いのではないだろうか。

だが、統合型リゾート(Integrated Resort=IR)は、その名の通りいくつかの施設を集めて「統合」し「一体的」に運営されるリゾート施設。一般的には国際会議場・国際展示場(MICE)、宿泊設備(ホテル)、ショッピングモールなどの商業施設、スポーツや劇場、映画館といった娯楽施設とカジノなどが統合されたひとつの大きな街をイメージするとよい。

IRのメリットはまずもって国内外からの観光客の誘致。カジノだけではなく展示会、国際会議、娯楽やショッピングなど多様な楽しみを目的に大きな賑わいが期待される。多くの人が集まれば、巨額なお金が支出され、地域経済は活性化、地方税収にも新たな財源として大きなプラスが生み出される。巨大なIR施設には多くの従業員が働き雇用の創造も期待される。一方でIRを構成する施設の一つであるカジノに起因した依存症・治安悪化などに対する懸念の声も無視できない。

世界には冒頭述べたアジアやアメリカなどをはじめ多くのカジノを運営する事業者(IRオペレーター)が存在し、ショッピングやカジノ、娯楽を通じて人々を楽しませるノウハウのみならず、ギャンブル依存症や治安の悪化を防ぐ施策を磨いている。

今回、訪れたのはアメリカ東海岸マサチューセッツ州ボストン近郊のIR「アンコール・ボストンハーバー」。

ボストンはご存知の通り、アメリカで最も古い街のひとつであり、ボストン交響楽団、ボストン美術館、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学といった長い歴史をまとった文化・芸術都市であり、上原投手などが活躍したレッドソックスやバスケットのセルティックス、アイスホッケーのブルーインズ、アメフトのペイトリオッツなどスポーツの街として有名だが、カジノやIRというイメージはあまりないのではないか。

それもそのはず、マサチューセッツ州で2011年にIR関連法令が整備された8年後、アンコール・ボストンハーバーはボストン近郊で初めて19年6月にオープンしたばかり。

このIR施設はボストン市内に近いミスティック川沿いに総工費26億ドル(約2800億円)をかけ、約2万平方メートルのカジノ、約700室のホテル、15のレストラン、高級スパ、大型会議場・宴会場を備え、約5500人の従業員が年間約800万人の訪問者を迎える大型施設。

アンコール・ボストンハーバー

施設全体面積の7%ほどのカジノフロア。
奥はスロットマシンコーナー

運営しているウィングループは05年にラスベガスでウィン・ラスベガスをオープンして以来、ボストン以外にラスベガスに2カ所、マカオに3カ所の大型IRを擁し、約3万人の従業員を雇用、年間来場者数4200万人を数えるIRオペレーター最大手の1社。日本進出にあたっては横浜を念頭にボストンの3―5倍の面積に約1万6千人が働くひとつの「新しい街」を総工費1兆円の目安で建設したいという。

(次の記事)IRは新しい街の登場 米国アンコール・ボストンハーバーから(2) 開発担当のゴードン社長に聞く開業への道のり

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ