楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新型コロナウイルスと観光業界 特別寄稿・松坂健さん「『禍』転じて今、我々がすべきこと」(3) 安さではない「驚き」を

(2)12月、3月末と決算の時期が近づく。僕自身はかなりの消費不況が起きると思っている。

まず、企業のリストラが顕在化して、パートや契約社員、派遣切りなどが本格化しそう。

それで発生するのは、一応家はあるものの、収入的には国民の半分以上がある種の難民化する現象ではないだろうか。

家賃を払ってかつかつ、コンビニ食などでしのぐ毎日。なんか嬉しくない現実ばかり。自分の先行きにも、ある程度、収入の道が確保されていると確信が持てるから、今、お金を使おうとなるので、こんな風に難民化するかもしれないと思ったら、そう簡単に消費にお金が回らないと思う。

そういう時に消費にお金を出動させるには「驚き」しかないと思う。安さではない、驚き。何かは僕には分からない。皆さん自身で考えていただきたい。でも、ビフォーコロナでやっていたことを踏襲していれば、そこに「驚き」はない。逆に言えば、従来と同じコンテンツのおもてなしメニューで行くなら「安さ」勝負しかない。

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(次の記事)新型コロナウイルスと観光業界 特別寄稿・松坂健さん「『禍』転じて今、我々がすべきこと」(4) 刹那快楽消費を見極める
(前の記事)新型コロナウイルスと観光業界 特別寄稿・松坂健さん「『禍』転じて今、我々がすべきこと」(2) 官製バブルに過信せず

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ