楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

有田市が誇る農海産物 旅行会社向けモニターツアー(2)/和歌山

「鮎茶屋」ではタチウオをメーンに釜揚げしらすや熊野ポーク、紀の国みかん鶏南蛮焼きなどを味わえる。天然クエ鍋も楽しめる。有田川温泉はペーハーが8・7で絹のようななめらかな「すべすべ感」が自慢。食事とともにぜひ入浴も楽しみたい。

「伊藤農園」のジュースは、すべて和歌山県産のミカン果汁をそのまま容器に詰めて提供。添加物は一切使わず、新鮮なまま絞っているので素材の味や香りをしっかりと味わえる。ジュース以外にもジャムなど加工品製造にも力を入れている。

同農園の工場見学は1回あたり5人までが定員で、期間は12月から5月まで。収穫体験も可能で、10月中旬から11月下旬の土日曜限定で2部制で行っている。16組64人まで対応できる。

伊藤農園

工場見学ができる伊藤農園

「テスティモーネ」では同施設がある矢堰地区についての紹介があり、湯浅湾や紀伊水道を望む「みかんと海の道」、無人島「地ノ島」を使ったイベントやキャンプなどを使った取り組みをアピールした。

(前の記事)有田市が誇る農海産物 旅行会社向けモニターツアー(1)/和歌山

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ