楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フィリピンのプヤット観光大臣が来日、外国人旅行客の入国緩和やWTTCサミットをPR(2)

フィリピンも新型コロナウイルスによる感染拡大で、観光産業に大きな打撃を受けた国のひとつ。インバウンドが77・9%減、国内旅行客も82・3%減となり、約110万人もの観光従事者が一時的に失業した。政府主導で「健康」「安全」を最重要とするプロトコルを、20年6月から実施するほか、観光従事者へのワクチン接種も推進し、その95%以上が2回接種済み、人気リゾート地・ボラカイ島では全員接種が完了済みとのことで、ブースター(3回目)接種も急ピッチで進められている。さらにセブ島などでは、入国緩和以降に観光従事者の再雇用も進んでいるという。

また、WTTCグローバルサミットのホスト国として、インバウンド観光の本格再開を前に、「今後は持続可能な、適切なキャパシティでの観光客の受け入れを検討している」との考えも明らかに。7641もの島があるフィリピンでは、コロナ前はオーバーツーリズムだったのが、コロナ禍で海のきれいさが増し、海洋動物も戻りつつあるとのことだ。

シャルガオ島

サーフィンのメッカで知られるシャルガオ島

プヤット観光大臣は「フィリピンには日本人旅行者に以前から人気が高いダイビングのほか、ビーチリゾート、自然、文化財、ゴルフなどなんでもある。セブやクラークなどでの英語留学もおすすめで、それぞれの土地ごとに名物料理もある。オープンエアやオープンスペースの多さ、フィリピン人のホスピタリティも魅力的。旅の目的に応じて国内に多くの行き先があって選べる。今、アジアで最も入国しやすいフィリピンをぜひまた訪れてほしい」とアピールしていた。

フィリピンでの新型コロナウイルスの感染状況は、今年1月半ばをピークに減少し、3月末現在、感染者数は1日200人程度まで急減している。国内の飛行機やバスといった公共交通機関も次々と再開し、マニラなど主要都市ではコロナ前の水準に戻りつつある。フィリピンへの入国時の一連の手続きなどは日本出国前に航空会社によってチェックされるため、入国はスムーズ。また、日本帰国前の必要なPCR検査および陰性証明書の取得は、空港周辺および空港内ででき、滞在先のホテルでの手配も可能という。

フィリピンのプヤット観光大臣

「今、アジアで最も入国しやすいフィリピンへぜひ」

(文・写真:シカマアキ)

(前の記事)フィリピンのプヤット観光大臣が来日、外国人旅行客の入国緩和やWTTCサミットをPR(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ