楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役社長 矢田素史 氏

謹んで新年のごあいさつを申しあげます。

2022年は、世界の変化を感じた1年でした。スポーツイベント分野では、北京冬季五輪(2月)にて、日本は史上最多のメダルを獲得し、サッカーのカタールW杯(11―12月)では、日本代表が強豪のドイツとスペインに勝利し決勝トーナメントに進出しました。一方、経済社会分野では、2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻に世界は震撼し、世界経済にいまなお暗い影を落としています。そこに端を発した原油高、インフレ、円安など、社会から我々の生活まで、大きな影響がありました。また、新型コロナウイルス感染症の流行も3年目に入り、欧米を皮切りにウィズコロナの時代に移行しました。日本市場においては、7―8月に発生した新型コロナウイルス感染症の第7波が収束すると、10月から始まった全国旅行支援により国内旅行の需要と水際対策の緩和により訪日旅行の需要が急速に回復しました。世界の航空座席の供給数が19年比で9割程度にまで回復するなか、日本でも、国内線が回復する一方で、国際線はいまだ5割程度の回復にとどまっています。

このたび、HISグループでは、43期「マインド改革」の一環としてパーパスを「“心躍る”を解き放つ」と制定し、パーパスを実践するための行動指針として「冒険と挑戦」「スピードとアジリティ」「バランスと倫理観」「明るく元気に」の4項目をバリューとして掲げました。

パーパスを制定する際には、「より多くの方に世界を知っていただくことが、相互理解を深め、ひいては世界の平和に資する」という創業の理念に立ち返り、「顧客をはじめとするステークホルダーに内在する “心躍る”想いを解き放つお手伝いをすること」がHISグループの存在価値であると再認識しました。さらに、創業以来42年間の事業活動で醸成されてきた企業文化を形成している価値観をバリューで表現しました。このパーパスとバリューをHISグループ社員が共有し、実践していくことが企業価値の向上に直結するとともに、サステナビリティ経営に資するものと考えます。

今後のHISグループでは、旅行事業とともに非旅行事業の構成を高めていく多角化を推し進める「事業構造改革」を行ってまいります。まずは、基幹の旅行事業の定常化に専念するとともに、旅行事業の隣接・周辺・関連分野に事業ポートフォリオを拡げつつ、地方創生や地域振興などの新たな分野での連携事業、M&A、投資などで非旅行事業に積極的に挑戦し、ステークホルダーの皆様のご期待に応えてまいります。

本年も引き続き、皆様方のHISグループへのご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ