楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「葉っぱ」でメッセージおくる 幸南食糧が子ども体験イベント/大阪

おくさま印のお米で知られる幸南食糧(大阪府松原市、川西孝彦社長)はこのほど、大阪市北区のこども本の森 中之島で「はっぱのおてがみ」イベントを開催した。コロナ禍で友人や親しい人に会えない子どもたちに手紙でコミュニケーションを図ってもらおうと企画した。約150人の親子が参加した。

はっぱのおてがみは、多羅葉(タラヨウ)の木の葉で作成。葉の裏面に傷をつけると黒く変色し字が書けることから、ハガキ(葉書)のルーツとも言われている。葉っぱに手紙を書くのは、参加した子どもたちもほとんど全員が初体験だった。

誰にどんなメッセージを書いてみようかと悩みながら、割り箸を使って約20センチの葉っぱの裏面に文字を熱心に書いていた。子どもたちは「葉っぱにも字を書くのは初めてだったので楽しかった」「お手紙が届くのが楽しみ」、保護者からは「葉にこれだけしっかりと文字が書けると思っていませんでした。子どもたちも楽しんで手紙を書くいい機会になりました」と話していた。

はっぱのおてがみ

タラヨウの葉の裏に割りばしを使って
熱心に字を書く子ども

イベントは、少人数ずつ入れ替えで殺菌・消毒・換気を行いながら実施。メッセージを書いた葉っぱは袋に入れて保護者が宛先を記入し、こども本の森 中之島が用意した特製のカニのポストに投函した。

幸南食糧では「今後も子どもたちの穏やかな未来を微力ながら応援する活動を続けたい」としている。

なお同社の地域活性化研究所はこのほど、なにわの伝統野菜「難波ねぎ」を使った商品開発と取り組みが評価され「大阪市農業サポーター」に認定された。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ