楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】一般社団法人日本旅館協会 会長 大西雅之 氏

新年あけましておめでとうございます。

3年前、私たちはコロナ禍という未曾有の危機を迎え、今日まで長く厳しい環境に耐え忍び、必死に戦ってまいりました。年が明け、今年こそ暖かな春が来ることを願いながら、新たな気持ちで筆を執っています。

昨年10月、入国者数の上限が撤廃され、全国旅行支援もスタートいたしました。いずれも我々が重ねて要望を行ってきたものであり、まさに念願がかなった瞬間でありました。各地域に少しずつにぎわいが戻り、旅行を楽しむ国内外からのお客様、忙しいながらも生き生きと働かれる従業員の皆さまの姿を想像し、たいへん喜ばしい気持ちになります。

しかし、この3年間のダメージは短期間で取り戻せるものではなく、インバウンドが回復する前に、早くもソフトランディングに向けた動きが出てきたことには、業界の実情と大きく乖離しており、力不足に忸怩たる気持ちであります。再び活気に満ちた業界を取り戻すため、本年もしっかりと活動してまいります。

まず一番の課題となるのが、業界の人手不足です。このコロナ禍で、わが業界を含むサービス業からは、多くの働き手が離れていってしまいました。こういった方々に戻ってきてもらうために、さらには、将来を担う若者たちに選ばれる業界になるために、業界全体の地位を向上させる必要があります。

全国旅行支援の開始に際し、一部の報道で「便乗値上げ」という言葉を使って、宿泊料金の値上げについて批判されました。諸物価の高騰もありますが、そもそも高付加価値化によって生産性向上を図ってきたなかで、宿泊料金だけが据え置きになるはずがありません。さらに、われわれが提供する「おもてなし」には大きな価値があるということを、もっと大々的にアピールしていかなければならないと強く感じております。

「業界全体の地位向上」を最終的な目標として掲げ、各委員会では働き方改革、業界のデジタル化推進、外国人材の雇用促進、キャッシュレス決済手数料の低減、アンケート調査の確立などに取り組んでまいります。

お正月のことを「新春」「賀春」などと言いますが、これは旧暦に基づいた表現とされています。業界としての春はまだまだ先のようにも感じますが、その足音は着実に近づいています。春を迎えるための準備として、全国旅行支援の早期再開と更なる期間延長、そして直近の運転資金だけでなく、過剰債務の負担軽減を視野に入れた金融支援について、副会長の皆様、そして新型コロナウイルス対策本部を中心として、国会議員の先生方や関係省庁との意見交換を密に行い、本年もしっかりと陳情・要望活動を行ってまいります。

業界にとって明るいニュースが多く飛び込む1年になることを願いながら、皆さまからのご指導、ご鞭撻を重ねてお願い申しあげ、新年のごあいさつとさせていただきます。本年もよろしくお願い申しあげます。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ