楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】一般社団法人全日本ホテル連盟 会長 清水嗣能 氏

2022年を振り返ると、当連盟としては創立50周年記念式典を開催したことが大きな節目でした。創立50周年を迎えるにあたり、我々は自分たちだけのために集まっているのではなく、観光立国日本の実現と地域の発展に寄与することが、団体が存在する社会的意義であり、我々のミッションであるとしてMVVSを策定しました。いわゆる理念であり、宿泊業を通して国の観光振興に役立つ存在になることを標ぼうしています。

また、連盟の名称もビジネスやシティといった業態を限定する言葉から最大公約数であるホテルだけにして、個性豊かな業態のホテルがともに集まることができますよう、21年4月に全日本ホテル連盟へと改称しました。会員数も準会員を含め1150軒を数えるに至り、大きな組織に成長しました。

この間、コロナ禍という予期せぬ災禍にも見舞われました。たいへんな時期でありましたが、この原稿を執筆している時、折しもW杯で日本が逆転してドイツに勝ったというニュースが何度も流れていて、監督や選手はみんなが一丸となってこのような結果を出せたと口々に言っています。私もまた、連盟活動において、よいTEAMに恵まれ、ここまでやってこられたことに感謝している次第です。TEAMの語源は「Together, Everybody,Achievement and More」であるという話を聞いたことがあり、「みんなでいっしょにより多くのことを達成しよう」という意味のようです。

もう一つ22年に達成したことがあります。それは、全国旅行支援で会社名での領収書が補助対象から外されなかったことです。Go Toトラベル事業では、「会社を助ける事が目的ではない」として、ビジネスでの出張などが補助制度の対象外とされました。当連盟は「我々ビジネスホテルの主な客層はビジネスマンであり、我々ビジネスホテルもコロナ禍で一様に疲弊している。廃業した役員のホテルもある。コロナ前にインバウンドが増え、東京オリンピックを控え、ホテルが足りないと言われて大都市を中心にどんどんホテルができた。そうしてコロナ禍がやってきた。テレワークをすすめ、人の動きを止めた。稼働が落ち、単価が落ちた」と、観光庁をはじめ国会議員の先生方に何度も何度も対象にするよう要望活動を続けました。全国旅行支援を始めるにあたり、その制度設計で、あらためてビジネスを対象外とするという案もあったようですが、当連盟がこれだけ言うのだからとのことで、ビジネスをも対象とすることが決まったのではと思っています。まさに、当連盟の存在価値が証明された瞬間でした。コロナ禍で失った利益を取り戻し、倒産こそしなくても満足にボーナスを出せなかったこの長く苦しい期間において、共に苦労した従業員のために少しでも報いてゆきたいと思います。

23年の年頭にあたり、連盟は常にサステナブルな組織でありたいと考えています。宿泊産業が直面する問題を一つ一つ解決しながら、末永く、会員のため、国のため、そして地域のために役立つ組織であり続けたいと願っています。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ