楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

花の御寺・長谷寺で特別感ある体験を(3) 特別拝観と茶粥朝食

長谷寺かふぇ限定企画

長谷寺境内の月輪院で「長谷寺かふぇ」を営業するワカナスタイルは早朝にお参りし茶粥の朝食をとる朝限定企画を設定。個人・団体共通プランとして旅行会社に企画の利用を呼びかけている。

長谷寺では僧侶が毎朝勤行を行っている。最後に僧侶が並んで山々に向かって遥拝する姿は、ここならではの光景。企画は欠かさず行われている勤行参列と本尊の大観音菩薩像の特別拝観をセット。朝の凛とした空気の中、観音様をお祈りして浄化された身体にやさしい茶粥を流し込む特別感のある体験だ。

長谷寺カフェの茶粥は奈良市北東部の月ヶ瀬から取り寄せたほうじ茶、大和平野のほぼ中央に位置する田原本町で収穫された米を用いたもの。おかずも奈良県産の素材にこだわった料理を手づくりで用意(種類は日によって異なる)。月輪院という空間で付加価値の高い朝食を提供する。

長谷寺かふぇ限定企画

地元奈良県産にこだわった茶粥朝食

期間は1月31日までと2月14日、3月1日―6月30日。9月中旬―12月上旬も予定。期日は要相談。最少催行人員は5人。30人まで対応可。販売価格は入山料・特別拝観料・茶粥朝食料含めて1人4700円。6時45分から約75分間で勤行参列と特別拝観を行い、茶粥朝食を食べる。

問い合わせはワカナスタイル 電話0742―35―3288へ。

(前の記事)花の御寺・長谷寺で特別感ある体験を(2) 三鬼が松明を持ってのたうつ「だだおし」2月14日に開催

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ