楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

花、オイルで地域振興「ひまわりサミット」 まんのう町で第3回が開催/香川

香川県西南部に位置するまんのう町は、弘法大師が改修した日本最大のため池「満濃池」で知られる。同町は夏には百万本のひまわりが咲くひまわりの町でもあり、近年はひまわりを原料とした「まんのうひまわりオイル」が町の新たな産業として注目を集めるようになっている。

7月には「第3回全国ひまわりオイルサミット」が同町で開かれ、ひまわりやひまわりオイルで地域振興に取り組む自治体が集結。ひまわりオイルの販売状況や認知度、地域活性化の取り組みなどが話し合われた。

全国ひまわりオイルサミット

サミットは4市町が参加

自治体は北海道から名寄町と北竜町、兵庫県から佐用町が参加。名寄町は600万本のひまわりが植えられ、3会場を観光用として公開していると報告。北竜町は231ヘクタールと作付面積では日本最大規模を誇り、2016年からひまわりオイルを食用油最大手の日清オイリオグループと連携し、17年から「燦燦(さんさん)ひまわり油」を販売している。

兵庫県佐用町は約23ヘクタールに120万本のひまわりが植えられ、毎年ひまわりの開花時に行う南光ひまわり祭りには10万人の観光客が訪れる。

まんのう町は毎年百万本のひまわりが咲き、16年から町を挙げてひまわりオイルの売り出しを始めた。しかし香川県ではオリーブオイルが全国ブランドで「ひまわりオイル」の認知度を上げていくことが課題だとした。

まんのう町のひまわり

まんのう町のひまわり。
町内で100万本が咲く

サミットでは今後の課題として「オリーブオイルはイタリア料理に使われ認知度が広まった。ひまわりオイルも地域の食文化と合わせたおいしい料理を提供することがアピールにつながるのではないか」といった意見が出ていた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ