楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行者の7割がGo To複数回利用 トラベルズー調査

旅行ネットメディア「トラベルズー」を運営するトラベルズー・ジャパンは、国内のサイト会員を対象に、Go Toトラベルキャンペーンに関する意識調査を実施した。旅行者の7割がキャンペーンを複数回利用するなど概ね好意的に受け止められていたようで、国内旅行の需要喚起にはやはり一定の効果があったといえそうだ。

2020年に国内旅行をした人の割合は83・6%。旅行回数は「6回以上」が21・2%で最多となるなど、同祭会員である“旅行好き”はの旅行意欲はコロナ禍でも旺盛だった。

そのうちGo Toトラベルは88・8%が利用。回数は、1回が28・3%で最多、2回の26・9%が続く。6回以上も11・6%あるなど7割が複数回利用するなど利用には積極的だったようだ。

Go To利用による目的地は沖縄県、京都府、北海道、静岡県の順で定番の観光地・リゾート地が人気。適用旅行商品は「ホテル旅館などへの宿泊」が84・6%で最多。交通と宿泊がセットの「パッケージツアー商品」は44・9%だった。

現在は停止されているが、今年もGo Toトラベルが実施された場合の利用意向も調査。Go To利用の旅行の選択基準は「混雑している時期や旅先を避けて旅行を計画したい」が53・5%でトップ。昨年の同設問の回答率51・0%からやや上昇した。

旅行時期はゴールデンウイークの「5月」、春休みの「3月」、紅葉の「10月」の順。「旅行の予定はない」も20・4%いた。
調査は1月7―11日にインターネットで実施。回答数は1599。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ