楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍から復興するクルーズ

約2年半にわたる新型コロナの世界的流行によって打撃を受けた内外の観光業がようやく復活の時を迎えています。

2019年時点で全世界で年間3千万人が楽しみ、約17兆円の経済規模だったクルーズもこの春から世界各地で復活して順調に乗客を集めており、来年にはコロナ禍前の3千万人規模にまで回復して次なる成長過程にのるとの希望的な見方が大勢を占めつつあります。

20年からのコロナ禍の3年間に新造されたクルーズ客船は57隻で、その部屋数は約5万室、ベッド数で約11万床となります。この間、ゲンチン香港の倒産はありましたが、カーニバル、ロイヤル・カリビアン、ノルウェージャン・クルーズ、MSCの4大グループは健在で、カーニバルでは10隻、ロイヤル・カリビアン7隻、MSCは4隻の新造船をそれぞれの船隊に加えました。

クルーズ客船の多くは国際航路の航海を行いますので、コロナ禍で国境が閉ざされた結果、大半がアイドリング状態となり、各地の港や沖合で長い停船を強いられましたが、北米、欧州の順に国際クルーズが再開されました。ただし東アジアではゼロコロナ政策をとる中国をはじめとして、日本でもまだ国際クルーズは再開されていません。

しかしクルーズ船の強みは世界中どこにでも移動できることで、クルーズが再開された水域に移り稼働を始めています。アジア水域用に新造された船もアメリカや欧州でのクルーズに従事しながらアジア水域でのクルーズ再開を待っています。

19年にはクルーズ人口が35万人に達した日本においては4隻の日本籍船は国内クルーズの再開をしていますが大型の外国籍船の国際クルーズはまだ再開できていません。日本の旅行社が船をチャーターしてのクルーズも売り出していた今夏のクルーズは中止となり、早くても秋の再開となりそうで、最大手のプリンセスクルーズは再開を来年春にまで延ばしました…

(池田良穂=大阪府立大学名誉教授・客員教授)

(トラベルニュースat 2022年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ